脱水ってどういう時におこるの?

こんにちわ、ベルウェディングの青木です。

 

本日より、ベルウェディングのブログページが開設致しました!

このブログではご高齢の方がウェディングに参加する時に知っておくと役立つ豆知識を掲載してまいります。

 

さて、記念すべき第一回のテーマは「脱水」です。

『高齢になると脱水症状がおこりやすくなる。』なんて、どこかで聞いたことがあると思います。

 

高齢になってくると

  • 同じ量をとっていても体が水分を吸収しづらくなる。
  • 脱水になってきたと自覚するのが遅れる。
  • そもそも水分を摂ること自体が疲れる。

このような理由から脱水症状になるご高齢の方が多いのです。

 

さらに結婚式という慌ただしい日だと、つい朝食を抜いてしまったり、水分補給を忘れてしまったり、はたまたお酒をのんでしまったりと、脱水症状が起こりやすい環境が続きます。

ちなみに、アルコールは利尿作用が高くお酒の水分を吸収するよりも早く血液中から水分を奪ってしまう為、脱水対策にはなっていないのです。喉が渇いたからお酒を飲もう、といった行為はとても危険なのです。

 

披露宴の最中に脱水症状を起こしてしまう。こんなことが起こればせっかくの晴れの舞台が台無しになってしまいます・・・

 

では、どのようにしたらいいのでしょうか?

それは結婚式の前から『少しづつ』水分を摂るが有効です。

 

披露宴中で、トイレに行きたくならないように、と水分の摂取を控えようとされる方もみえられます。

しかし、それでは危険なんです。なぜなら、水分は一度に吸収できる量も限られているのです。だからこそ、少しづづコンスタントに水分補給をすることが適切です。

 

「トイレに行きたくならないように、結婚式が始まるまではあまり飲まないようにしよう。」

「せっかくの披露宴だから、お酒をいっぱい飲もう」

 

このような方法ではとても脱水のリスクが高くなってしまいます。

ですので『結婚式の準備でお忙し当日でも、朝から少しづづ水分をとること』これが一番の脱水対策です☆

 

 

全ての人にウェディングの喜びを

ベルウェディング