座りやすい椅子とは?

こんにちは。

ベルウェディングの青木です。

 

今回の内容は『座りやすい椅子とは?』です。

 

鉄でできた椅子。

背もたれのない椅子。

ちょっとしたショッピング街だとふわふわの椅子。

 

 

様々な椅子があります。

ではご高齢の方にとって座りやすい椅子とは何でしょうか?

 

例えば座面の固さ。

鉄パイプでできた椅子だと実はお尻に負担がかかってしまいます。

高齢になってくると、お尻の脂肪も減少してきます。お尻の脂肪は臀部を保護する為にあるものです。それが少なくなっている高齢者にとって固い椅子は長時間腰をかけるのに適していません。

若い人でも、固い椅子にずっと腰かけていると「お尻がいたいな」と思う事があるかと思います。その感覚がより、はやく訪れます。

 

かといって柔らかい方がいいのか?低反発な座面にしました!という場合。

反発があるということは上に押し出す力、つまり立ち上がる時の補助力になるんです。

つまり、低反発な椅子は一度座ると、とても立ち上がりづらいのです。

 

じゃあどんな椅子がいいのか?

それはどのくらい座るのか?という用途によって考える、というのが一つの手段となります。

 

ちょっとした休憩の時は、すぐ立ち上がり、次に行きます。

この時にはふかふかの椅子に座ると立ち上がることに一苦労をしてしまい、逆につかれてしまいます。

「ながく座って、ゆっくり休む」なんて時には逆に、すこし柔らかめじゃないとお尻がつかれてしまいます。

 

また、これが椅子を設置する側であったら。

その空間を利用する人の目的が何かを分析する必要があります。

短い時間しか利用しないのであれば、立ち上がりやすいように、すこし固めの椅子を。

長い時間利用し休んで頂くなら、柔らかめの座面の椅子を。

このように用途に分けて設置する椅子を選ぶと、お客様の満足度が向上するかと思います。

 

あまり意識することがない、椅子の質。よかったら注意してみて下さると、設置した人の意図がわかるかもしれません☆